2014年10月17日

仮出所?仮釈放??

9月29日に事故に遭い、入院してから半月。

皆さんには大変ご心配をお掛けしました(…ヨネ?汗)が、
先日、無事退院いたしました。

「台風直撃か?」と噂される日でしたが、
フタを開けてみれば見事に台風一過。

久々にみる大空は、それはそれは清々しいもんでした!!

久々の大空!


まさに退院日和!!


…って、そんな“日和”あるのか?




事故当日、もちろんその日のうちに帰るつもりで出掛けた部屋。


日々の生活のまま半月も空けた部屋。


事故前日に行われた
『チェッカーズNIGHT』で使ったドラムセットも片付けてなく、
なんだかタイムスリップに遭ったような不思議な感覚。


もちろん、今は器材なんて持ち上げられないので、
まだ片付けてないんだけれども。。。



そして自宅に帰ってきて、
身体の不自由さを改めて実感。


もうちょっと早く良くなると思ってたんだけどなぁ。。。



そんな生活にいち早く別れを告げるべく、
ウチにこんなアイテムが追加されました。




牛乳ズ


今まで自宅の冷蔵庫に入ってる事なんて殆どなかった彼ら。



「骨=カルシウム=牛乳」



…という小学生レベルの発想に
我ながらお恥ずかしい限りですが、飲まないよりマシ…でしょ!!



いくら不自由とは言え日常生活に一歩近づいた今、
早く治らねぇかな…と思いを馳せる一方、
近い将来に行われるであろう、
鎖骨に入ったプレートを除去するための入院、手術に向けて
既に緊張が始まっております。



いわばこの退院は、“長い一時帰宅”なんだよな。



ま、とりあえず元気になりました…って事で、
皆さん、本当にありがとうございました!!

posted at 06:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | Diary

2014年10月13日

スパルタ・リハビリの末…

もはや最近のBlog登場回数トップを誇る、
リハビリ担当T先生。

昨日、またもやニコニコしてやって来たと思ったら、、、



「平野さん、今日はベッドから1人で起き上がる練習をしましょう!」



ヒトリデオキアガル、
イマ、イチバンイタイヤツ。。。



いやね、前々から言われてたんです、


「肋骨骨折は基本保存治療のみなので、
 よっぽどの事がない限り入院せずに即帰宅。


…って。

自分は、鎖骨骨折があった上に一人暮らしと言うことで、
今まで大目に見てもらってましたが、
鎖骨が順調に回復している今、
そろそろ病院も本格的に退院への引導を渡しにかかったわけです。




実はつい最近、電動リクライニングのベッドに変えてもらったばかりなのに、、、


C8BFAFD3-EA6D-4BB5-AB9B-DB5DF0C3086D.jpg




リクライニング機能を使わず起きろってよ!!!


というわけで、T先生に色々コツを教わりながら
自宅ベッドと同じ状況になるようにリクライニング機能はもちろん、
ベッドの柵(手すり?)も使わずに起きる練習を。



ちなみにT先生、30代前半の女性。



その先生が(ニコニコ)見守る中、
ベッドの上で身悶えながら、悶絶しながら
必死に起き上がろうとするパジャマ姿の四十路のオッサン。。。



何ともシュールな画です…(汗)。





しかし、T先生のおかげで
何とか起き上がる事に成功っ!!(チョー痛いけど)



起き上がるだけなのに5分は掛かるけど、
とりあえず成功っ!!(チョー痛いけど)



その後、あれよあれよと言う間に退院への話が進み、
10月14日、晴れて退院する事が決まりましたっ!!



あざーっす!!




寝て起きてご飯食べて寝る…という
チョーVIP(?)な生活に別れを告げるのは若干淋しいですが(笑)、
早くお家に帰って好き勝手な生活したいっす


21時消灯とかもうイヤだ〜〜〜!!


posted at 03:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2014年10月09日

リハビリ新時代

本日先生よりやっと入浴許可が下り、
入院後初となるシャワー!!


今までは頭だけ洗ってもらったり、身体だけ拭いてもらったりと
部分的にはそれなりにサッパリしてましたが、
今日はシャワーのポテンシャルに歓喜しました。(←大袈裟)



ま、身体は相変わらず痛いので、
色々と不便はありましたけども。。。




そんなスッキリサッパリしてゴキゲンで病室に戻ると、
不敵な笑みを浮かべながら「リハビリです」と待ち受けていたリハビリ担当、T先生。



この病院に入院して10日程、、、



この人が楽しそうな時はロクなことがないというのは
多少学習して来たつもりであります。




「平野さん!今日はドラマーの平野さんにピッタリなリハビリを用意しましたよ!」



とT先生。




シャワー後、ゆっくりする時間も無く連れ出された先に置いてあったのは、、、





CE0501E5-B195-49CB-B9FA-FE3C7908A93F.jpg





クルミ!?!?





「これを全部割って、実を取り出して下さい!」




ってか、、、





ドラマー、関係ありますか?(汗)




まぁ、とりあえず棒を振り回すって意味では同じなのかな?








…と言うわけで、黙々とクルミを割り続けること30個程。




どこか痛むわけでも、疲れるわけでも無く、
「コレが何のリハビリに?」
…と思いながら割り続けること30個程。




T先生に終了報告をすると、、、




「うん、ありがと。コレ、栄養科の先生が調理に使うんだって!」





料理の下準備かよっ!!!




っつーわけで、その後はいつも通りのリハビリメニューを。。。





おかげさまで、自力で起き上がれない事を除いては
ドンドン健康体に近づいているあたくし。




今回の仕打ちは、病院からの軽い肩叩き(退院勧告)でしょうか。。。


posted at 19:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | Diary

2014年10月08日

退院への大きな一歩

鎖骨手術をしてから今日で一週間。


当初「術後一週間位で抜糸」と言われてたんですが、
特に何を言われるわけでもなく、
自分から言い出すワケでもなく…。(←抜糸が怖いからっ!笑)

昼食後、看護師Sさんがやって来て、
「先生から抜糸の話ってありました?」と。

無いことを告げると、「じゃぁ先生と相談してみますね」…とSさん。


その30分後、リハビリをしているところに、
何やらでっかいワゴンを押しながら現れるSさん。


いつになくニコニコしてるので、何かと思いきや、、、




「平野さん、抜糸するよ!!」





えっ!?今っ!?



先生と相談して即決っ!?!?




「でもリハビリ中だし…」と思ってリハビリ担当T先生の顔を見ると、、、



「良いですねっ!やっちゃいましょう!!」




えっ!?えっっ!?!?


ノリで!?!?



心の準備はっ!!!!



っつーわけで、
何故かT先生と偶然見舞いに来ていた親族立会いの中、
公開抜糸開始〜。


手術が初ならもちろん抜糸も初なわけで、
どんだけ痛いのか不安な中、、、


「結構痛いですけど我慢して下さいね」


…とF先生。



いざ始まると、、、





大して痛くないじゃんか!?

注射の方が全然痛いわっ!!!



こりゃ一杯食わされました。




おかげでイヤ〜な汗を大量にかいたんですが、
その様子をニコニコ見ているギャラリー(Sさん、T先生、親族)。



全員ドSかっ!!!



っつーわけで、急に降って湧いた抜糸エンターテイメント、
これでまた一歩退院への階段を登りました。


CE99C6B7-381B-4FF0-AAFF-CC5C6A574176.jpg




ただ一つ問題は、、、





未だにベッドから1人で起き上がれないんだよぉ。。。
posted at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2014年10月07日

入院の副産物

今回入院したことにより、
全く別の事で嬉しい(?)誤算がありまして。。。



それは、、、






禁・煙!






事故当日は、もちろん“タバコを吸いたい”なんて思えるヨユーなんてさらさら無く、
入院後初めて「タバコ〜!!」と思ったのは
鎖骨手術を終えた日の夜。


やっぱ一仕事終えた後は吸いたくなるってもんで。
(って、俺は寝てただけなんだけども…笑)



ただ、このご時世病院敷地内は当然全面禁煙なわけで。。。



どうしても吸いたくなったあたくしは、
手術直後の痛む身体にムチを打ちつつ、
点滴をゴロゴロ引きずりながら消灯寸前にこっそり外へ。



後でメチャメチャ後悔する事も知らず。。。(汗)



だいたい1日半ぶり位になるタバコ。

なんでしょう、学生時代以来と思われる、喫煙に対するあの背徳感(←大袈裟)



ワクワクしながらタバコに火をつけて煙を軽く吸った瞬間、、、







咳がぁぁぁっ!!!



肋骨を折っているので、
咳するとチョー痛いのよっ!!!



絶叫したい位痛いのに、咳は出る。




手術以上の地獄の沙汰でした。



もちろんタバコはソッコー消し、直ぐに反省しながら病室へ。




それ以来、怖くて吸えてないのです。



親族(←全員タバコを辞めた)には


「このまま辞めちゃえば?」


なんて言われてるんですが、
辞める気だけはサラサラ無いのが残念。



肋骨が回復し次第、吸い始めるのは目に見えてますな。。。

92DBFAC0-EF54-4325-AB7F-3A4F7E5C3591.jpg

posted at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2014年10月06日

レア・プレート!?

事故で救急車で運ばれて鎖骨骨折と診断され、
翌日昼には鎖骨にプレートを入れる手術を!


あたくし、おかげさまで
今まで大きい病気、怪我など無く、人生初手術。

もっと言うと、初入院、初点滴(笑)など、
齢40にして初物尽くし。


人生初の手術、初の全身麻酔になる今回、
もっと怖いもんかと思いきや、、、



鎖骨の痛みが酷くて、、、




「手術でもなんでも良いから早く楽にして下さい」状態。


かなり良いモチベーションで手術に挑めたのではないかと思います(笑)。


おかげで手術も無事終了。


鎖骨に立派なプレートが入り、
これであたしも人造人間の仲間入り(?)を果たしました!

01EF1A41-4428-4681-95E5-A3C4DBD1A5D4.jpg


手術後は、簡単なリハビリを始めてるんですが、
リハビリ初日、リハビリ担当の先生(T先生)が一言。。。


「私、あんなプレート初めて見ました(半笑)」



えっ!?


えっ!?!?





俺の肩には何が入ったんすか??(汗)





実は俺が運ばれた病院、
整形外科もやってるんですがメインは脳神経外科。


先生は全員脳外科の先生らしいんですよね。



T先生曰く、


「全員脳神経外科の先生だから、やり方はスタンダードではないけど、
 骨はキレイに付くと思うから大丈夫ですよ。」


…との事。



ビックリさせないで下さい。。。


てっきりその辺で拾ってきたプレート入れられたかと思いましたわ。
(↑んーなわけない・笑)




ただ、、、




「退院後はちゃんとした病院に通院した方が良いと思います」



…とも。



ちゃんとした病院???



「T先生、ここの病院の人じゃないの?」



…と聞いたところ、、、




「ここの病院の人だけど、私の仕事はリハビリと、、、





 退院する方をキチンとした病院に導く事です。」




うんっ!ご立派っ!!




…って、、、大丈夫すか?この病院。。。(笑)
posted at 15:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | Diary

2014年10月04日

Viva!前厄っ!!

こちらではかなりのお久しぶりです、You-Daiです。

Blogをサボってる間、Levi Dexter Japan Tourや、チェッカーズNightなど、
数々のビッグイベントがありました。

まぁその辺は後々“もしかしたら”触れるとして。。。



あたくし、わけあって入院生活一週間を迎えようとしてます。

4F15930F-1BC4-4562-9DCC-3F38357F2DCE.jpg

ま、簡単に言うと、、、



バイクで事故って骨折って運ばれて…ってゆーね。



当初はあまり公にしないつもりだったんですが、
完治までそこそこ時間が掛かりそうなのと、
気持ちもだいぶ落ち着いて来たのもあり、厄払いの意味を込めて書くことにしました。
(口止めをお願いしていた方々、ごめんなさい・笑)



もちろん、決まってたLIVE等、
直近のモノについての出演は全てキャンセル。

代役を立ててもらったり、編成を変えてもらったりと、
各バンドさん、ユニットさん、色々柔軟に対応して頂きました。


中には一週間を切ってるLIVEもあり、
関係者の方々には大変ご迷惑をお掛けしたのですが、
皆さんからは本当に温かいお言葉をたくさん頂きました。


ありがとうございます。



事故当時は、もう痛くてしょうがなく、
動くのもままならなかったり、
色んな方に迷惑を掛けてしまうという事から
相手への憎しみや自分への後悔(って、フツーに真っ直ぐ走ってただけなんだけど)に
苛まれてたんですが、
皆さんの温かい言葉で逆に救われました。



ありがとうございます。




そして、、、




「無事で良かったよ」



この言葉を聞いてハッとしました。

そう、逆に考えれば、この位で済んで良かったのです。

本当に生きてて良かったな、、、と。



ありがとうございました。


症状もだいぶ落ち着いて来てるので、ご安心下さい。


しかし、今回たまたま運ばれたこの病院、なかなか面白いのよ。


まずは院長先生のキャラ!

嬉しそうに自分の事を色々話してくれるんだけど、肝心な事は何も教えてくれないってゆーね。

検査結果も、こっちから聞かないと教えてくれないのよね(笑)。


そして、横の伝達がなに一つ出来てない事。


肋骨が折れてて自分では起き上がれないので、
ナースコールで看護師さんを呼んでベッドを起こしてもらい、自分で歩いてトイレに行くんだけども、、、


〔看護師A〕
俺:トイレ行きたいんですけど
看護師:どーぞ。
俺:あ、1人じゃ起きられないんでベッド起こしてもらえます?
看護師:あれ?1人じゃ無理なんでしたっけ?付き添います?
俺:いや、ベッドさえ起こしてもらえれば1人で行けます


…かと思えば、、、


〔看護師B〕
俺:トイレ行きたいんですけど
看護師:分かりました、ちょっと待ってください!!
俺:???
看護師:えっと、コレでしたっけ?

…と、尿瓶を持って来たり。。。


中には車椅子を持って来てくれる方もっ!?



ま、一週間も入院してればそれなりに俺の病状も浸透して来てるみたいで
最近はそーゆー事もないけどね。


ってか、そもそも電動リクライニングのベッドにして頂きたい。



あ、そう言えば今日、こんな事も。

今回鎖骨、肋骨を折ってるんですが、肋骨はどこを何本折ってるか
知らなかったんですよね。(←それもどうかと思うけど)

で、回診に来た先生に、
「ちなみに、肋骨って何処が何本折れてんですか?」
って聞いたところ、、、



「え?肋骨は折れてないでしょ。鎖骨でしょ?」



嘘でしょ!?!?


いやいや、背中が痛くて改めて診てもらって、
折れてるって言われたんですけど???



で、慌ててカルテをひっくり返す先生様、、、



「あ、肋骨っ!?2本ですね」



ヲーイ!!!!



とまぁ、その他にも書ききれないような事満載な、
ファンキーな入院生活を送ってます。


こんな病院に居て治るのかな?俺(笑)。



あ、最後になりましたが、、、



今回の怪我は、右鎖骨骨折、右側の肋骨2本骨折、右肘の派手な擦過傷(擦り傷)でした。

相手の車が俺を追い越そうとしてバイクに接触、
お互い側面同士での衝突だったらしいのですが、
ビッグスクーターだったため足は無傷っ!


フツーのバイクだったら足もヤられてた事でしょう。


ご迷惑をお掛けした方々には大変申し訳ありませんが、
お腹ピーピーになる位牛乳たくさん飲んで、
一日も早く復帰します!!!
posted at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bike