2015年01月14日

復活!、、、からの即不動。。。

忌まわしき9月末の事故から復活してきた我が愛車(maxam)。

屋外雨ざらし、殆ど洗車せず…という劣悪な管理状態だったんですが、
今回外装総交換で見た目は新車のようになってかえって来ました。


ピッカピカになったMAXAM



アナログ式(ダイヤル式)だったグリップヒーターも、
なんとデジタル式にっ!!!

グリップヒーターがデジタルに!




噂によると、修理費50万円以上だそうですよ。
(0対10なので自己負担なし)


「そんなお金が出るなら新しいの買ったのに!!」



…と思ったんですが!!!!


今回、事故の相手が“対物超過特約”という、
修理費が車両価値以上になってもキチンと直してくれる特約に
入ってくれていて、それを使ったみたいなんですな。

その“対物超過特約”は、修理する場合にのみ適用。

もし買い換えるとなったら、車両価値の金額までしか出ないんだそうで。

世の中うまく出来てますな。。。。


さて、前置きが長くなりましたがこのバイク、
事故後にまともに乗ってないんです。

寒いのもあるんだけど(笑)、やっぱりちょっと怖くて。。。


ただ、この寒空の中放置してたらバッテリーも上がっちゃうだろうと、
久々にエンジンを掛けてみようとしたところ、、、、



バッテリー上がり。

チーーーーン。


一歩遅かったか…(汗)。



っつーわけで、早速ネットで格安バッテリーを購入。

バッテリー購入


これを取り付けるため、少しバイクを移動しようと、
試しにエンジンを掛けてみたところ、、、




掛かった!!!



嬉しいような、悲しいような、複雑な心境。。。



あ、そう言えば!!!



ビッグスクーターの殆どは、
サイドスタンドを立ててるとエンジンが掛からないんですが、
俺はそのスイッチを解除してたんですな。


もしかして事故の修理で直されちゃった?
そして、以前掛からなかった時は
今までの癖でサイドスタンドを立てっぱなしだったかも??



じゃぁまたそのスイッチ解除しなきゃ!!

…と、早速サイドスタンド周辺をバラしてみることに。

サイドスタンド付近の解体


サイドスタンドの根元を弄るだけで、外装(カウル?)を外さなきゃいけないって、
スクーターってホント面倒くさい。。。


しかもなんかパチッパチッてツメみたいので止めてあるだけなんだけど、
こーゆーの苦手だわ〜。


うっかりツメとか折りそうで…(汗)。


やっと根元まで辿り着いてサイドスタンドのエンジンカットスイッチを見たところ、、、


キルスイッチ



解除になってるやんか!!!




バラす前に、サイドスタンドを立てたままエンジンを掛けて確認しない辺りが
バリバリの素人仕事ですな…(汗)。



無事にエンジンも掛かったし、ちょうどその日レッスンがあったので、
久々にバイクで行ってみようと片道20分ほど乗ったんですが、、、



こ、怖いっす。。。



周りの車が予想外の動きをしただけで、
必要以上に「ビクッ」ってなります。


ただ、やはり乗ってて気持ちいいのは間違いないので、
バイクを降りることはないんだろうな〜、と思った一日。



ってか、うっかり買っちゃったバッテリーどーすんだよ〜〜〜〜!!!


posted at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bike

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。