2010年03月07日

もんちょレザー工房

以前、『SexRex』でギターを務めていたもんちょ氏。
(もういい加減、元SexRexって肩書きも要らないか?)

今はシルバーアクセサリーやレザー商品を作る職人として
活動中なんですね。

で、俺も何か作ってもらいたい…と思いつつ、
実はレザー小物ってあまり使わないから、何をお願いしようか悩んでたの。

しかしありました!!!

愛車、Bromptonのフロントバッグ!!!

Bromptonはフレームを付ける事で、
フロントに大きなバッグを付けられるのがウリの一つ。

しかも、バッグを付けても折り畳む時に干渉しないという優れもの。

今はクロス製のバッグを使ってますが、
折りたたむとこんな感じ。

HERBESTAL クロスパニアバッグ

このバッグをレザーで作っていただこうと依頼したのが
今回の話の始まり。

既製品でもレザーはあるんだけど、
イマイチ品が良すぎると言うか、何と言うか…。

せっかくオリジナルを作ってもらうんだから、、、と
ロックテイストを散りばめてくれ…とお願いしました。

幸い彼は俺と同じロカビリー好きなので、
その辺のデザインに関しては、任せても一切心配無用。

チョロッと話したアイデアも、
すんなり話が通るから面白い。

前置きが長くなったけど、
今日はその型紙確認と、革の仕入れのためもんちょ氏と待ち合わせ。

そこで見せてもらったのが、コイツ。

Brompton用バッグ型紙

今までも何度かもんちょ氏とは打ち合わせをしてたんだけど、
俺、素人だからいまいちイメージが湧かなかったんだよね。

けど、コレを見せてもらった途端、
もうワクワクが止まりませんでした。

そんなワクワクした状態で(笑)、
革の問屋さんへ。

良いのはいっぱいあったんだけど、
コレ!!ってゆーのがなかなか。。。

もんちゃんに「素材だけは妥協しない方が良いです。」と言ってもらえたので、
とりあえず革は買わずに今度は金具屋さんへ。

金具の問屋さん

自転車用のバッグなので、
盗難防止のために、蓋に鍵をかけたいな…と思ってて。

でもその鍵にも色々種類があるらしくてさ。

それも事前に説明受けてたんだけど、
やっぱり言葉だけじゃピンと来なかったアタクシ(汗)。

(もんちゃん、ごめんね。面倒くさい依頼者で)

でもその金具屋さんの中で
実物を見ながら話を聞いてると、さすがの俺も理解できました(笑)。

しかしココでもこれと言った金具が無く…。

俺、こだわりすぎかしら?

結局今日は、「日を改めましょう」という事で帰宅しました。

いや、夜な夜な革とかバッグ用金具とか
ネットで探し続ける日が続きそうな予感です(笑)。


posted at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bicycle
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。