2012年12月20日

緊急ドッグ入り

以前からエンジンルームから異音がしていた愛車、リーガルワゴン。



最近になりその異音がどんどん大きくなり、
ギアが急に抜けたりしだして、、、




先週に至っては、エンジンかけた直後、
シフトをドライブに入れてもしばらくギアが繋がらないという
最悪の状態に。。。


言われてみれば、クラッチが滑ってる様な気がしなくも、、、ない。



っつーわけで!!!


ホントに走らなくなっちゃう前に、
いつもお世話になってる『KNガレージ』で車を診てもらうべく、三浦へGO!!

三浦の海岸線



天気が良くて気持ちよかったね〜。

車の調子が悪くなければ、、、ね。



っつーわけで、久々にお邪魔しました『KNガレージ』!!

KNガレージ



早速診断してもらったところ
ATF(ATオイル)の減り、汚れが原因じゃないか…と言う事で、
さっそくATFの交換を。。。

リーガルワゴン、ATF交換中



どうやら、3.5Lも減ってたらしいです(汗)。


逆に、、、


そんな状態で良くこの日まで走ってたな!!



オイルを規定量まで足してもらって、試乗(試走?)してみると、、、




異音も止まってるし、ギアも気持ちよく繋がるし、
クラッチが滑ってる感じも無くなった!!!



スゲー!!!


ありがとうございま〜す!!!



ATFが減るっつーことはどっかから漏れてるわけで、
「その“漏れ”の箇所を調べてみよう!!」とジャッキアップしてもらい、
そこに潜り込んだ社長が一言、、、


下回りをチェックしてくれる社長



「オイルがベタベタでドコから何が漏れてるか分かんね〜(笑)」




チーン。



どうやら、、、



ありとあらゆるオイルが、ありとあらゆる場所から
お漏れになってるらしいです。


どこまでポンコツだよっ!!!(汗)


っつーわけでデスネ、、、



とりあえず下回りを洗浄してもらい、
各ボルトの増し締めをしてもらったんですが、ここでも驚愕の事実が!!



20本くらいのボルトで留まってる
ATFのオイルパン(オイルが溜まってるトコ)、、、

ボルトがもれなく緩んでいたという、ATFオイルパン



その20本ものボルト、、、




もれなく緩んでたらしいです。



ヒドいのは手で回るほどだったらしく、社長曰く、、、

「放っといたらボルトが抜け落ちてたかもね〜(笑顔)」

…と。




どこまでポンコツだよっ!!!(汗)



今回増し締めしてもらってオイル漏れが完全に止まるとは思えませんが、
とりあえず様子見…と言う事で絶好調になって帰ってきました!!



いつか、ドカンと修理をしなければならない日が来るかと思うと、、、




夜も眠れませんな。。。(汗)


タグ:Regal Wagon Buick
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。